適当人間ですが

適当に生きてます。趣味で原付の修理やカスタムやってます。

カブプロを塗装する 1 小物系

前回、絶不調のJA07プロを公道復帰させたんだけど、ここにきてようやくカスタムにこぎつけたって感じ。俺はフルノーマルに特にこだわりないから外観はバンバン変えていきたいと思う。そこらへん走ってる同じカブプロとは一緒くたにされたくねぇカラナ・・・。

 

最初の色塗りは小物系から始めた。手始めにドライブスプロケットカバーとチェーンカバー。

 

f:id:umaimizutan:20211116211532j:plain

スプロケカバーはダイハツのS07系のシルバーを使用。ちょうど家にあって、使ってみたらいい感じに仕事してくれた。ちなみにクリア吹きすぎて、クランクケースより光って見える。

f:id:umaimizutan:20211116211635j:plain



f:id:umaimizutan:20211116211729j:plain

チェーンカバーはアサヒペンのマッドブラックの高耐久ラッカースプレーを使用。樹脂系の劣化した部分とか塗るようにとっておいたやつ。

 

f:id:umaimizutan:20211116211851j:plain

色塗る前の写真だけど、こんな状態だとテンションがた落ちだからな・・・。

 

 

チェーンカバーをブラックに塗って、なんか微妙に感じるけど、ボディ含めて暗色系の色が多いためだと思う。だからボディを明るい色にすれば締まって見えるんじゃないかと考えた。

ボディを塗るには時間がなさすぎるため、次は3月以降になります!それまでカブは実家に放置しますわ。

 

リトルカブは冬眠準備。

f:id:umaimizutan:20211116212404j:plain

ガソリン満タンにしてシートカバー被せて放置します。バッテリーは外さない。確実に弱くなるけどね。

ヘッドライトが気に入らないから、3月帰ってきたら落ち着いた発光のハロゲンに変えますわ。このLEDはハイフラしまくりだし、カブのくせにイキって見えるからはやく変えたい。元の白熱のほうはカブプロに移植しちまったからナ・・・。

 

 

 

カブプロのその後について・・・

快調にミッション、エンジンが回るようになったJA07カブプロ君。死にかけの状態からよく立ち直ってくれた・・・(実はお陀仏させてほしかったのかもしれない・・・)

 

奈良井宿への慣らしツーリングも無事終わった。(途中でなぜかFIチェックランプ点灯したのは内緒)

 

一応、俺も出稼ぎっていう仕事があって、実家に帰るのは春先になるからようやく可能となったカスタムを今すぐできないってのは心苦しいけどしかたあるまい。

 

一応、予定してる整備とカスタムは以下の通り。

 

・フロントフォークOH(オイル、シール類交換)

・外装全塗装

 

フォークのOHって意外と大変なのよ。鉄カブのボトムリンクサスが羨ましいほど。しかも劣化したフォークオイルって臭いらしいよ・・・。JA44の時は大した距離走ってなかったからそんなに臭いはしなかったけど。

外装色はみんな大好き「プコブルー」にします。といっても純正じゃなくてMrカラーの似たような色使うだけだけど。JA44の時みたいにプコ色の外装がヤフオクで手に入ればいいんだけどそんな簡単に手に入らないのも事実。というわけで塗ってしまおうという考え。フルカウルのカブじゃないからカウルも少なくて圧倒的に楽だよね。

 

地味なドレスアップしてみた。

f:id:umaimizutan:20211115230216j:plain

純正では絶対についてないキックスターターラバーを付けてみた。アマゾンで適合するラバーがあったからつけた。鉄カブみたいなインパクトを出すことに成功。地味に気に入ってる。

 

f:id:umaimizutan:20211115230452j:plain

チェーンカバー塗装中(艶消しマッドブラックに仕上げる)

 

f:id:umaimizutan:20211115230519j:plain

ドライブスプロケットカバーをたまたま家にあったダイハツのシルバーで塗装。ズタボロの状態からこんなに光り輝くようになった。クリア吹きすぎた。

 

 

 

カブプロを治す 7 復旧そして・・・

~前回のあらすじ~

ミッションの不具合からエンジンOHまでやって組み上げたもののクラッチが切れなくなる摩訶不思議な現象が発生。新品のクラッチセット交換しても効果なし。それどころかなぜかクラッチプレートが変形するという、わけわからん事態に陥っていた。クラッチが切れない原因はスプリングのへたりかそもそもリフターに原因があるものと判断し、一個一個原因を追究していくめんどくさがりの適当人間。いつになったらツーリングに行けるのだろうか…?

 

 

 

直してなんとかツーリング行けましたよ。

 

 

新品のクラッチスプリング届いたわ。スプリングシートも一緒に頼んでおけばと後悔。

とりあえず、オイル抜くのがだるいので倒す。

f:id:umaimizutan:20211112193614j:plain

何回開けたかわからない油まみれのクランクケースを外し、憎きリフターとクラッチとご対面。今回はクラッチスプリングしか届いてないのでまずはそれを取り付けてテストする。それで直らんかったら、リフター一式、それでもだめなら、クラッチASSYごと交換。出費が・・・。

 

昔の鉄カブもそうだけど、今のC125もクラッチスプリングはバネなのに、110モデルは全部この板一枚がスプリングみたい。だから結構大事な部品だとさ。

f:id:umaimizutan:20211112205008j:plain

画像は拾い物。ちなみにボアアップしたときとか武川の強化スプリングに交換したりとかする。



クラッチスプリングは、クラッチリフタープレートを押さえつけてる4本のボルトを外せばポロっと外れます。交換は容易。

 

新品のクラッチスプリングに交換したら、リフタープレートを元に戻して4本のボルトで締める。このとき、トルクは12N。守らないとクラッチの動作に不具合を生じさせる可能性があるから締めすぎ注意。トルクレンチ推奨。一応張力かかってる箇所だから・・・。

 

f:id:umaimizutan:20211112195414j:plain

クラッチレバーの位置はスピンドルの線とポンチマークを合わすこと。ずれてるとリフターがうまく作動しなくてクラッチが切れなくなる。クラッチ調整をしても無駄。

 

(このマーク、JA44にはなかったような?サービスマニュアルにもリフターカムプレートのバツ印に合わせるとかしか書いてなかった記憶があるし、なんなんだろ?)

 

 

 

元に戻して、クラッチ調整をした後に、ペダルを踏みっぱなしにしても前進しなくなりました。めでたしめでたし。

 

ただ、ちょっと不具合あって、前に踏み込んだ時はクラッチが切れるんだけど、後ろに踏み込んだらなぜかクラッチが切れなくなって、??状態になった。

つまり、

N→1速(前踏み込み)

クラッチが切れるんだけど、

N→4速(後ろ踏み込み)

クラッチが繋がりっぱなしの状態。

 

なので、シビアなクラッチ調整が必要だった。

クラッチ調整とは、クランクケースについてるアジャスターを右回しにすると、リフターがクラッチから離れて(繋がりやすくなる)、逆に左回しにするとリフターがクラッチに近づく(クラッチが切れやすくなる)っていう構造。

だから俺は、一回、止まるまで全開に右回ししてから、左に重くなるまで回してそこから45度右にちょい戻しをした。右に回してリセットをかけたのち、左に突き当たるまで回してクラッチを押し付けて切る、そして切りっぱなしの状態から右にちょい戻して遊びというかクリアランスを確保、という状態にした。

構造自体を知らないままサービスマニュアルのやり方を鵜呑みにしてるといつまでたっても調整がうまくできないでしょう・・・。

 

それでもクラッチが繋がったままの状態が続いたから、徐々に左に回しながら調整したらうまい感じに前後ともにクラッチが切れるようになった。

簡単に説明すると、

右回しがクラッチを繋ぐ

左回しがクラッチを切る

って考えれば楽。

クラッチって押し付ければ、動力から切り離されるから。

車も一緒。クラッチペダルを踏むと、ダイアフラムスプリングが押し付けられて、フライホイールからプレッシャープレートとクラッチフリクションディスクが離れて動力軸から切り離されるって仕組み。詳しいことは知らんけど、だいたいそんな感じじゃね?

 

今回の原因は多分クラッチスプリングだと思うけど、なんか不完全燃焼。本当は、リフター一式交換するつもりでいたから、しばらく古いリフターで走り続けるのにもう~んって感じですわ。1万キロで様子見るか。

 

 

そうそう、書いてなかったけど、プロテックスって業者使って、メーターのODOをリセットした。エンジンをリフレッシュしたついでってことで。いまではおめでたく、走行距離が0ですw

(これやった時点でもう簡単には転売できない。知人辺りにわけを詳しく伝えるなりして譲渡とかならいいと思うけど、オークションで走行距離偽って出品したらアウト。その時点で犯罪。そもそも走行距離リセットすることはあまりよろしくないこと)

 

プロテックスの名誉のために書くけど、メーター修理のプロ業者です。怪しい業者でもなんでもありません。新品のメーター買ったから走行距離合わせたいときとか結構便利。

ちなみに依頼するとき、誓約書書くのでその時点で犯罪には使用しないってことを認めてるのでそのあとやらかしてもあなた自身の責任になるわけです。

 

f:id:umaimizutan:20211112201851j:plain

amazonの激安、ナックルガード。こんなもんでも風よけはバッチリ。走行するまでは疑ってたけどまじでつけてよかった。ちゃんと機能してる。ま、中華製だから品質は・・・です。

 

f:id:umaimizutan:20211112203105j:plain

 

ウィンドシールドにはオートパーツセンターの激安品を。ダサいけど、風を正面から受けるよりはマシ。

 

慣らしってことで、奈良井宿に遊びに行ってきた。

 

f:id:umaimizutan:20211112203306j:plain

f:id:umaimizutan:20211112203327j:plain

f:id:umaimizutan:20211112203352j:plain

だせーけど、なぜか楽しい。

 

死にかけのバイク、完全復活です。

 

f:id:umaimizutan:20211112203552j:plain

フォークブーツボロボロ…。フロントフォークブーツの損傷って結構重大だから、今度仕事終わりで実家戻った時にでもOHする予定。今回はこれでめでたし・・・かな。

 

f:id:umaimizutan:20211112203818j:plain

カブを後ろから見るのが結構気に入ってたり。

 

燃料満タン形式で燃費計算してみたら、ちょうど60km/Lでした。満足な燃費。暖かい時に走ったらどうなるんだろうか?

 

というわけで、カブプロ君は見事、死にかけから復活してくれた。

燃料タンク死亡、燃料ポンプ死亡、カムチェーンガイドローラー志望、テンショナーロッド死亡で済んだのは奇跡なのか?

エンジン不動でなかったのはありがたかった。でなければきっと今頃まだエンジンをいじってたことだろう。